読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダメプログラマの技術メモ

プログラミングの技術メモや駄文など

CentOS6.5にphpRedisAdminをインストール

開発中などに手軽にRedisに保存した値を確認できる便利な管理ツールをご紹介します。

その名もphpRedisAdmin!!

画面は2ペインのシンプルな構成でkey-valueの検索、追加、編集、削除が可能です。

管理画面

topページ
f:id:damepg:20140807120041j:plain

key-valueページ
f:id:damepg:20140807120045j:plain

phpRedisAdminのインストール

  • phpRedisAdminのダウンロード
# cd
# git clone https://github.com/ErikDubbelboer/phpRedisAdmin.git
# cd phpRedisAdmin
# git clone https://github.com/nrk/predis.git vendor
  • phpRedisAdminをドキュメントルートにコピー
# cd
# cp -r phpRedisAdmin /var/www/html
  • phpRedisAdmin用のApache設定ファイル作成
    • サーバを外部公開する場合は必要?
# vi /etc/httpd/conf.d/phpRedisAdmin.conf

phpRedisAdmin.confの内容
================================================================================
<Location /phpredisadmin>
    Order deny,allow
    Deny from all           # 全て拒否
    Allow from 127.0.0.1    # 自身からのアクセスを許可
    Allow from 192.168.56.1 # 特定IPからのアクセスを許可(適宜変更して下さい)
</Location>
================================================================================
  • 動作確認
# vi /var/www/html/redis.php

redis.phpの内容
================================================================================
<?php
$redis = new Redis();
$redis->connect('127.0.0.1', 6379);
$val = array('key1'=>'value1', 'key2'=>'value2');
$redis->setex('key', 60 * 60, serialize($val)); // 有効期間 3600sec
var_dump(unserialize($redis->get('key')));
================================================================================
  • http://192.168.56.101/redis.php にアクセスしてRedisに値を保存する。
  • http://192.168.56.101/phpRedisAdmin/ にアクセスして管理画面が表示されることを確認する。

設定ファイルについて

  • Redisの接続設定は /phpRedisAdmin/includes/config.sample.inc.php をコピーして/phpRedisAdmin/includes/config.inc.php というファイルを作成して行います。
  • もしconfig.inc.phpが存在しない場合は、config.sample.inc.phpを参照します。
  • config.sample.inc.phpの接続先は127.0.0.1になっているので、RedisとphpRedisAdminが同じサーバ内にある場合はconfig.inc.phpがなくても動きます。